セキュリティ対応のサンプルをお試しください

Web開催を行う際、抄録集やポスター発表をPDFを使用して行うことが多いです。
弊社では、PDFにセキュリティ設定を行って公開しています。百聞は一件にしかず。どのようにPDFを公開するのか実際にご覧ください。

  • 印刷ができません。印刷しようとすると、白紙になります。
  • PCでは スクリーンキャプチャーが撮れません。
  • ダウンロードできません。
[ PDFを開く ]

この仕組みは基本機能として、すべてのプランでご利用いただけます。プラスされる費用はありません。
iPhoneのメーカーはApple 1社ですが、Androidは多くのメーカーがあります。AndroidでPDFを開くソフトは数多くあり仕様を定ることができません。そのため、このセキュリティ対応を行った場合、AndroidではPDFを開くことができません。
iPhoneとiPadでは、スクリーンキャプチャーが撮れます。ただし、スマートフォンとタブレットではPDFを表示しないように設定することもできます。

セキュリティ対応を行うと、使いにくくなります

上記サンプルを試していただくと分かりますが、コントロールキー(コマンドキー)を押すだけで画面が非公開になります。そのため、PDF内の文字検索ができません。何百ページもある抄録集の文字検索ができません。

セキュリティを重視するのか、使いやすさを重視するのかをお選びいただくことになります。